スピリチュアルXキャリアで本当の自分を表現する

2020年2月8日:しし座満月:願い事を叶えるために使うといいしし座満月パワーとは?

掲載日:2020-02-09

皆さま、こんばんは。

ビクトリアンカラーズの貫井です。

お元気様です。

1/26、2/2と神楽坂アマーリエサロンでの強み発掘キャンペーンが喜びのうちに終わり、
先週からミッションコーチング(使命鑑定)の長期コーチングが始まりました!

私が8年以上かけて気づいた自身の三世のミッション(使命)、それに立って
生きるためのコーチングが、いよいよ始動したのです。

私は8年もかかりましたが、それを1年で行うというコーチングプログラムです。

その一番最初のクライアントさんは2度目のセッションで、ミッションコーチング開始!

しかもたった2度のセッションで、職場の人間関係がよくなった!夜眠れるようになった!と、嬉しい報告をいただきました!

こういう報告を聴くのが、セラピストをしていて、一番うれしい瞬間です!

さて、本日9日16:34 しし座で満月を迎えました!

新月が新しいことを始めるのに適した時期なのに対し、満月は手放すのに適した時期です。

そのため、これまでの満月通信では、満月がどの星座で起きているのか、その起きている星座の
ネガティブな性質に注目し、そこを手放すことについて、書いてきました。

満月に不要なものを手放す、それはそれでもちろんよいし、間違いではありません。

ですが、私自身が最近とても面白いなと注目していることがあります。

それが岡本祥子先生が提唱している「願いを叶えるために満月パワーを使う」ことなんです。

願い事と言えば、新月パワーを使うのが王道ですよね!

そこに何で満月が出てくるの?と疑問に思われるかもしれません。

そこで、今日は願いを叶えるのに、どのように満月パワーを使えるのかという事を
お話していきたいと思います。

まず新月で、新しい願い事をしますよね。

こういうことが叶ったらいいな・・・これができるようになりたいなあ・・・・と願い事をします。

例えば、今回しし座で満月起こっていますが、これに先立つこと半年前、しし座で新月が起こりました。

このしし座新月で、ある願い事をしたとしましょう。

半年後の本日、しし座で満月になりました。

半年前、しし座の新月でした願い事が、半年後のしし座満月で、どれくらい叶ったでしょうか?

それを振り返って見るのです。

何事であれ、半年もすれば、何がしかの変化・展開が見られるものですよね!

もし、全く叶っていないのであれば、それは願い事の書き方自体を見直した方が良いと言う事かもしれません。

あるいは、自分自分自身の運命を信じる力を強化する必要があるのかもしれません。

新月は月と太陽が同じ位置(0度)をなす現象だとすると、満月は月と太陽が180度をなしています。

太陽は意識の象徴、そして月が無意識の象徴とすると、この満月と言う角度・・・・・・

つまり太陽(意識)と月(無意識)が180度をなす角度は、意識と無意識の間に相反する動きが出てくることを表している、
と、岡本先生は説明しています。

皆さんは満月についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?

私はお月様が大好きで、月を見ると落ち着く、私にとって、月にはそういうイメージがあるんですね。

心が静かになるそんなイメージです。

しかし、満月ばかりは落ち着く感じではなく、気分が高揚する、気が高ぶる感じがあります。

それは子供の頃に、満月に狼男がでるといった映画を観たせいかもしれません。

人々を惑わしてしまう、そんな作用です。

満月は、物事を成就させる力がある一方で、心の中に迷いを生じさせ、それが願い事の実現を阻止する力となる場合があると、
岡本先生は言います。

つまり新月の時に書いた願い事、決めた願い事は、新月の時には固い決意で決めたことであっても、

次なる半年の間に不安や焦り、そして意思の弱さなど様々な雑念などが生じて、満月の頃までには信念がぐらついてしまうかもしれません。

あるいは、有頂天になってうまくいきかけていたことも、周りへの配慮を忘れたりして、誤った方向へと突き進む可能性があるのかもしれません。

だからこそ満月の時に一旦半年間を振り返って、初心に帰って願い事を再確認したり、微調整を行うことを、岡本先生は勧めているのです。

そこで今回の満月通信から、その満月がどこの星座で起こっているのか(ちなみに今日はしし座です)、

その満月パワーが願いを叶えるためにどのように使えるか、について書いていきたいと思います。

ちなみに今日はしし座満月・・・願いを叶えるために使えるしし座満月パワーは7つあります。

1. 人のアドバイスを素直に受け止める
2. 人を意のままに動かそうとする癖を改める
3. 物事をごり押ししないで流れに身を任せる。
4. エゴを抑えて謙虚になる。
5. 孤独に強くなる。
6. 人からの賞賛を求めない。
7. 俯瞰の視点を持つ

以上7つがしし座満月の時に、願いを叶えるために使いたい満月パワーです。

次にしし座の満月の時に気をつけるべきことについてお話しします。

ただでさえ満月の時には気分が高揚し盛り上がった気持ちになるのに、しし座満月の時にはより一層その傾向が強まります。

いつも以上に気分が高揚したり、盛り上がりすぎたりするだけでなく、わがままをゴリ押ししたりする傾向も出てくるようです。

その結果エゴが肥大して、自分は正しい、周りはもっと協力すべきといった考えが芽生える可能性があるのです。

そうなってしまうと、人のアドバイスに素直に従わなくなる訳で、結果味方を失ったり、誤った方向に暴走することに繋がります。

しし座満月の時には、いつにも増して周りの人々が何を望んでいるのか、また自分に対してどんな思いを抱いているのかを知る必要があるのです。

自分のわがままを抑えて謙虚さを学ぶ良い時だとも言えるでしょう。

今日のしし座満月は、夢を叶えるための情熱をキープしつつも、同時に客観的に事態を把握する必要があると、岡本先生は説明しています。

いかがでしたか?

言われてみれば、上記7つの満月パワーはどれも当たり前なことなのですよね。

しし座のネガティブな側面の逆をいったものと言えます。

ただ、ちょっとだけ7つのことを意識するだけで、気持ちよい人間関係がつくれそうですよね!

冒頭でご紹介したミッションコーチングのクライアントさんも、まだたった2回のセッションをお受けになられただけですが、
私のアドバイスを素直に受けとめてくださり、変化がめちゃくちゃ早いのです!

やはり、「人のアドバイスを素直に受け止める」って、人の成長にとって、とても大事なことだなあと痛感しましたね!

また、明日から新しい1週間が始まります。

「人のアドバイスを素直に受け止める」はもちろんのこと、上記7つのしし座満月パワーを使って、
ぜひ願い事を成就してくださいませ~!

楽しい1週間をお過ごしください♪


TEL.03-4296-5759

メール予約24時間受付中

電話予約


HOMEサロンメニューお客様の声プロフィールお問合せ先BLOG

Copyright© 2014–2020 ビクトリアンカラーズオフィシャルホームページ All Rights Reserved. Produceds by B-faith.lnc - Hokkaido Navi